人見知り論

人見知りに悩み、人見知りを受け入れて、そして人見知りを克服しつつある今への軌跡。

人見知り的『判断基準』の作り方。

前回の記事で、 自分ルールという『判断基準』をたくさん持つと、 かえって自由になった、という話を書いた。 僕に関しては事実その通りであり、 どんな事柄も、ルールに合う合わないでパッパと処理できれば、 それだけ時間などを節約できる。 悩む時間を少…

場面は限定されるが、人見知りが治ってきたかもしれない。

こんなタイトルの記事を書く日が来るとは、正直夢にも思わなかった。 しかし、最近の自分を振り返って考えると、そう思わざるを得ない。 あんなに嫌いだった電話が、今ならサッとできる。(嫌いという気持ちは消えていないが) あれだけ面倒だった他者とのコミ…

自分会議のリスクを考える。

先日、とある定食屋で独り、飯を食っていた。 客は、僕と3人くらいのサラリーマンだけ。 彼らは見た感じ割と疲れていたのを覚えている。 そのグループから、気になる会話が聞こえた。 「人が仕事しているのに帰るとか、ありえねーよな!」 とかそんな。 「ワ…

『幸せ』の閾値を下げてみると、逆に『幸せ』になれそうだと思えてきた。

世の中には色々な成功モデルがありふれている。 卒業大学の格付け然り、年収の多少も然り。 ルックス。スタイル。肉体的な強さ。知性の良し悪し。 なんだか、書いていてとても疲れる用語たちである。 どうにも、世間は上記の成功モデルに入れなければ、その…

恥をかく練習のススメ。

自意識過剰気味だ。 これは幼稚園の頃から、はっきりとした自覚症状がある。 発表会とかお遊戯大会が大嫌いだった。 人前に出て珍奇な格好をして、内容のない劇をするなんて、公開処刑に等しい。 同じ意味では、運動会や体育祭も嫌いであった。 運動は、たま…

人見知り、旅に出る。 ・・・ただし近場で日帰り。 最終部

04.5 注意事項 事前調査を抜かりなくしておけば良かっただけなのだが、実は萩にて、結構迷子になった。 どこが一方通行で、どこがそうでないのか。 駐車場はどこから入るのが正解なのか。 それがあやふやな施設が割と多い。 特に城下町の辺りは、結構すいす…

人見知り、旅に出る。 ・・・ただし近場で日帰り。 第二部

01 出立 朝9時30分に目が覚めた。 本当は8時に起きて、9時に出ようかとも思っていたのだが、昨晩飲んだ日本酒のせいか、普通に寝坊してしまった。(体調はまぁまぁ) そこからは、いつも通りシャワーを浴びて、朝飯を食べて、カメラと風呂グッズを持って家から…