僕はネガティブだけど、それなりに充実した人生を生きたいと思う。

ネガティブを飼い馴らして、ポジティブに生きたい。

めんどくさがりを極めたい。

めんどくさがりという言葉を聞いて、良い意味だと思う人は少ないと思う。 物事を先延ばしにしたり、下手すれば取り組んだりしないことへの言い訳に、「(自分の身体や頭を使うのが)めんどくさいから」という言葉を多用するタイプが、僕の思うめんどくさがりの…

人見知りと演技。

最近、演技の勉強を始めた。そういうテキストを一冊買って、近所迷惑にならない程度にボイストレーニングまがいのことや、稽古の真似ごとをこそこそとやっている。 何故か? 眠っていた真の自分に目覚め、トチ狂って役者として生きていく為ではもちろんない…

節目の50記事目。 人見知りからみた一流の人間。

「うわ、この人超すげぇ!」という人にたまに出会うことがある。 天上界の住人と出会ったような心持になり、自分と比べる気にすらならないくらいすごい人たちだ。 この人みたいになりたいと思うけれど、いつか超えたいとは思えない、そんなレベルの人達。 そ…

正しく頑張らない方法を知る。「がんばることに疲れてしまったとき読む本」。

今日は久方ぶりの更新にして、久方ぶりの書評もどきを書いてみようと思う。 というのも最近、僕が求めていたものがズバリ書かれた本を発見し、これはシェアした方が良いのでは?と思った為である。 それがこれ。 がんばることに疲れてしまったとき読む本下園…

人見知りVS俄かなる不安感。

僕はときたま、なんでもない行動や、発した一言がとてつもなく不安になることがある。 「あの案件、あの報告の仕方で良かったか?」 「家のカギ、ちゃんと閉めたか?」 「さっきの説明よりわかりやすい言い方思いついたけど、訂正した方がいいか?」 「あの…

脱人見知りの為にも。 読書のススメ

本を結構読むようになった。 話がごちゃつくので、この記事においては、本の中にマンガは含まないとする。 小学生や中学生の頃は、教科書に載っている文章以外は読まないほど、活字に親しみが無い子どもだった。数少ない例外は、読書感想文を書くために読ん…

人見知りの情報網。

人見知りが仕入れてくる情報は、結構訳の分からないものが多い。 昼寝し過ぎて眠れない今日この頃、布団でぼんやり昔のことを考えていて、このことを閃いた。 特にこれは高校時代に遡る。 世間で恋空という映画が流行っていた頃、僕の属するコミュニティでは…