読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

人見知りと海外旅行。

今年の秋、実はとある縁で海外旅行に行っていた。 柄にもなくテンションも上がり、トータルでみれば非常に面白い旅であった。 が。 異国文化というものはやはり勝手が違う。ただでさえ拗らせた人見知り的価値観を持つ僕なので、海外のそれとは全く調和しない…

脱人見知りの為にも。 読書のススメ

本を結構読むようになった。 話がごちゃつくので、この記事においては、本の中にマンガは含まないとする。 小学生や中学生の頃は、教科書に載っている文章以外は読まないほど、活字に親しみが無い子どもだった。数少ない例外は、読書感想文を書くために読ん…

人見知りがよく言われる、「優しい」とはなんだろうってのを考えてみる。

人見知りはその性質故に、大抵は「優しいね」という評判を頂くことが多い。 が、これは裏を返せば、「何やっても怒らない」という意味の優しいであることが大半だ。 つまり、そのセリフを言われたからと言って、敬意を払われているかはわからない。もしかし…

人見知りと失敗。

最近はとても忙しかった。正直自分のキャパシティを超えかける場面もあった。 このキャパシティは生まれ持ったものというより、経験値の少なさによるものだと信じたいが。 それはさておき、やっぱりというか、ミスをする場面もあった。 幸い致命的なものには…

バランサーという生き方。

人から言われて気付いたのだが、僕はバランサーという立ち位置らしい。 これは辞書にも載っている言葉なのだが、「balancer」というスペルで、簡単に言えば組織や仲間内なんかで調和を取る役目を担う人だという。 なんじゃそりゃ?とお思いだろうが、僕も言…

ネガティブ期の過ごし方。

人見知りからややズレてるけど、僕は極たまに、理由もわからず思考がネガティブの底に落ちる期間がある。 どんな考えも「どうせダメだ」に着地し、全てにやる気が起きない。寝れなくはないけど、起きるのが猛烈にしんどい。少しでも何もしない時間ができると…