読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

人見知りと合コン。

人見知り的人生訓

「異性との出会いが欲しい・・・。」

これは人見知りであろうがなかろうが、若さと健全な欲さえあれば、老若男女が抱く、ごく自然な考えだと思う。

実際僕もその一人である。この欲が他人よりかなり薄いという自覚はあるけども。

 

その出会いの方法として、最初に頭に浮かんでくるのが、「合コン」と言われるものだと思う。

数名の男女が席を同じくして、酒かなんかを飲みながら、和気藹々とした空気の中、簡単な自己紹介から武勇伝まで語り合い親交を深める・・・。

と、イメージとしてはこんなところだろうか。

実のところ僕もこんなイメージを持っていた。

ほんの数年前まで。

 

重度の人見知りが合コンに行くとどうなるか。

その顛末をここに記す。

  

数年前の冬。

クリスマスが近づき、大学生活も終わりが見え始め、かつ周りの人見知りフレンドに彼女ができ始めたという事実もあり、僕は正直焦っていた。

「このまま俺は彼女いないまま、人生の夏休みを終えるのか?」と。

心の片隅では「それもまた人生経験だよね」という冷めた自分がいたが、今回は「それはちょっとないわ」という自分が勝った。

ということで、考えてみた。

が、現実の世界のそれに比べれば、僕の価値観なんて井戸の中みたいなもの。考えても考えても、ロクなアイデアは出てこない。電話帳を見ても、今の住処に引っ越すと同時に、「0からのスタートを切る!」とかわけのわからない男気を見せて、女子のアドレスを全消去した為、目も当てられないことになっていた。当時の電話帳に載っていた女性のアドレス数は、サークル関連のものを除けば、数えるのに片手で足りた。この水準は人見知りの中でも下の方だと思う。だからそこのアナタ。もっと自信持っていいんだよ。

 

つーことで、リア充でノット人見知りの友達に相談してみた。すると彼は、「お前が幹事をするのなら、企画に手助けしても良いよ」という仏様のような答えが返ってきた。目の前に光明が差した。

それから数日後、僕のlineに一通のメッセージが来た。女性からだ。「A(さっきの彼)から話はきいたよ!6:6でしたいんだけど、どう?あと、店とか日取りは全部任せていい?」みたいな内容で、もっと文体はギャルギャルしていたと思う。未知の生物との遭遇に等しい衝撃に、正直少し身震いがした。

 

そこから約1ヶ月、僕の闘い(大げさ)が始まった。

イケてる系のバイトの先輩に相談して、そういう会に良い店をリサーチ。男性陣の参加者は、僕と親しくしてくれている人の中から、選りすぐりの「コヤツは人としてもカッケー」と言える5人にお願いして、参加してもらった。

実のところ、3人くらいは友達の友達だったので、当日まで顔すら知らなかったけど、これはこれで良い思い出。

日時についても何度も相手方と打ち合わせして、いい感じに決めていった。

集合時間、場所もバチっと決めて準備完了。念のため、毎日「合コンhowto」みたいなサイトも読んでいた。進行についても勉強する為、元々趣味だったお笑い番組も、いつもの倍は観まくった。涙ぐましい努力である。

そして、新しい服も1万円くらいかけて買った。うぶ過ぎて、本当に涙が出そうである。

健気な青年に女神は微笑むのだろうか。

 

そして当日。

集合時間20分前に、男性陣は集結していた。とりあえず会ったことないヤツらとは仲良くならないと!ということで、友達の友達状態の人と打ち解ける努力をした。幸い、共通の友達が同席していたので、仲良くなるのはとても楽だった。女性陣が来る前に、男性陣は全員が全員、親しくなれた。とりあえず、良い流れだぜ!と僕は思った。

 

集合時間数分後。何やら遠くに華やかな集団が見える。そしてその集団が僕たちの輪に寄ってくる。おいおい、マジか。

僕の狭量な交友範囲の中では、絶対に見ることの出来ないような華やかな女性達。

そんな異世界の生物ともいえる未知が、「おまたせー」なんて言いながら近づいてくる。

雰囲気だけなら高校の時に死ぬほどみたギャルと呼ばれるそれっぽかったが、ヤバくねともウケるとも言わない。どうしていいかわからねぇぜ!

 

が、僕が幹事である以上、キチンとエスコートせねばならんわけで。

「いや、今きたとこよ。とりあえず寒いから店はいろっか」とかなんとか、紳士さと優しさを出しつつ、店まで先導する。ボロが出ないかヒヤヒヤである。

店に入ったら、とりあえず席を決めて、さっさと着席した。

ちなみに何故か机が2つあったので、↓みたいになった。

 

男机女 男机女

男机女 男机女

男机女 男机女

 

飲み物も自然に(多分)取って、会場の準備は整った。

コース料理が来たので、取り分けてあげようとする。

と、「あ、ウチらがやるよ!」と奮起する女性陣。女性が料理を取り分けたがるとか、やべぇ。サイトで読んだ通りだ。僕は「あざっす」とラフな感じで、感謝を述べた。

 

で、いよいよ乾杯。が、ここで戦慄の事態が。

「やっぱ幹事が乾杯するっしょー!」と、僕にさり気なく振る声があった。

それは僕の友達の男だったのだが、僕に花を持たせようという気持ちで言ってくれたのだと思う。

が、乾杯は正直言って予想外だった。てっきりテーブルごとに適当にすると思っていたからだ。僕の知っている口上は、超固いものか、サークルで習った男臭さ全開のものしかない。

が、行くしかない!とりあえず立ち上がった僕。

「今日は集まってくれてありがとう!無礼講で楽しんでください!乾杯!」という月並みな口上でお茶を濁した。刺さる視線も、拍手の温かさも、いつもの数倍沁みた。

 

会は滞りなく進んだ。テーブルごとに自己紹介して、お酒飲んで、料理食べて。趣味の話、将来の話、色々と話したと思う。僕はいつも通りの感じで、聞くのに7割くらい徹したけど。周りの友人も楽しそうだ。

 

1時間後。

徐々にテーブルの陣形が崩れ始める。イケてる男に色々集中し始めたのだ。このイケてるは顔なのか話の面白さなのかは、色々ということで。こうなれば、聞きに徹していた僕が頑張って話を振っても、時すでに遅し。気付けば6人の注目は、選ばれし3~4人に向けられていた。ということで、ナチュラルにあぶれた僕は、同じくあぶれた仲間と一緒に、日本酒を飲みながら銘柄当てゲームに興じていた。頭も体も火照ってきたが、それに反比例して心は冷たくなっていった。なんか、現実というものを身に沁みて理解した気がした。僕はこのステージに来るには早かったんだな・・・。と、捻くれそうな気持ちを必死に持ち直し、何とか教訓にまで昇華することができた。

今ではこのことをほめてやりたい。

 

更に1時間後。

全体の空気としては盛り上がって終わったと思う。僕は平常通りに戻っていたけど。飲んだはずのお酒が全く顔に出なかった。

女性陣が翌日学校だということで、二次会はナシという取り決めは前もってしていた。ということで後は駅まで送るということになった。すると、ペアになってよくわからん界隈に消えていく者もあれば、1人で2人の女性と連れ立ってあるく者もあった。そんな別世界の住人を、僕ともう一人は、目を細めてみていた。

後日わかったことだが、そのもう一人には彼女がいたらしい。

 

・・・。

 

合コンという場は、押しなべて少しでもイケてる要素が自分になければ、不向きな舞台だ。

一概には言えないが、やはりこういう場に抵抗なく来れる人というのは、いわゆる人見知りを拗らせた人とは別世界に生きる人種だからだ。世界が違えば、やはり波長もなかなか合わない。

これは僕の実体験としての感想だ。

別に合コンという場を批判も否定もしないし、出会いに関して優れたツールであるのは認める。でも、格闘ゲームが得意な人がパーティーゲームも得意かと言われたら、それはわからないよね、という話である。とりあえずサシで戦う格闘ゲームは好きな僕だが、大勢で楽しむパーティーゲームは向いていなかった。それだけである。

もちろん、この後の人生に活きることは何一つ無かったかと言われれば、そうでもない。おかげで幹事としての経験も積めたし、店についても少し詳しくなった。段取りの仕方もわかったし、新しい服を買ったことでオシャレの楽しさもわかった。本来の目的とは違うところで、非常に有意義な会であった。

 

人見知りを拗らせた人が、合コンに出会いを求めるのは、もしかするとリスクが高いかもしれない。他の手を打てるのならば、僕はそっちの方が良いと思う。もちろん、リスクを取れば必ず爆死ということには繋がらない。賭けに勝てば、自分の新しい一面に出会えたり、同じような人見知りの女性と仲良くなれたりと、大成功に繋がることもある。

リスクを取って勝負に出るを良しとするか否かの話になるのかなと思う。

ただ、とりあえず僕はもうしばらくこのリスクは取らない。今は彼女をつくるどころか、異性との交遊範囲を広める余裕すらないってのもあるけど。

 

世間一般で有名な出会いの手段は、僕のような人種には押しなべて不向きである。

これぞ、人見知り的もののあはれなる人生訓である。

 

注意書き。

この一連の出来事は、僕個人の感想を織り交ぜた、非常に個人的で狭量なものである。

人見知りがこういう会に行ったら、必ずしもこういう結果になるとは限らないと、ここで念を押しておく。

実際、人見知りでも、合コンで極めて良い出会いを得た人も世の中には大勢いる。

少しでも「合コンしてみてぇ」と思ったら、僕は行くことをオススメする。

得られることはたくさんある。

 

その教訓が甘いかしょっぱいかまでは、わからないけれども。

恋愛心理学 (図解雑学) 恋愛心理学 (図解雑学)
斉藤 勇

ナツメ社
売り上げランキング : 209539

Amazonで詳しく見る by AZlink