読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

「ああならなきゃだめ」を止める。

理想の自分像を持っている方はどのくらいいるのだろうか。

「良いポジションに就く」とか、「600万稼ぐ」とか、「強いリーダーシップでガンガン引っ張っていく」とか、各々の理想像はまさに十人十色であることだろう。

かくいう僕も、理想の自分像というものはあった。かつての話だが。

今では、10代の頃に抱いていた理想のほぼ大半を捨てている。

理由は簡単で、その理想を実現する為には桁外れの労力が必要なのと、実現できたからと言って幸せになれる気がしなかった為である。

 

ということで今日は、ネガティブ色強めな話題ではあるものの、「理想像」を捨てることのメリットとかその辺を書こうと思う。

  

理想をマイナスっぽく言うと・・・。

 

理想は目標とも置き換えることができるが、意味は少し違う。

目標はあくまで目的地であり、行動の指標となるもの。

理想はもうこれ以上ないほど完璧な、自分の到達点。

こんな意味の違いがあった。

 

もうこれ以上ないほど完璧な地点は、ハッキリ言ってしまうが理想郷とか絵に描いた餅とかと同じで、存在することなどあり得ないと僕は考えている。

理想を目指す!は言い換えれば絶対行くことのできないところを目指して歩く!となり、正直言ってすごく無駄に聞こえてしまう。

勿論、本音が「高い理想を掲げてそれを目指すことで、本当は過程段階にある真の目標をしれっとクリアする」とかならば、無駄ではないと感じる。

しかし、どうみても人畜無害な性格で、ガタイが良いわけでもない人間が、「町最強の男になる」とかを理想にしているのであれば、ただ無駄だとしか感じることができない。

目標レベルにまで落とし込めない理想は、正直言ってただ追い求めるだけで苦しくなる、枷みたいなものだと僕は考えている。とりあえず僕は性根が最近腐り気味なので、この物言いはご留意頂きたい。

というのも、10代という無邪気な頃に、こうなれば人生楽しいだろうなっと思って掲げた理想の数々が、20代を過ぎて数年経った頃からただ邪魔としか感じなくなったり、理想でも何でもないと気付いたりしてしまったためである。

 

とりあえず、以下からは僕が捨てた理想を2つほどご紹介しようと思う。

 

ポジティブ人間への変化。

 

要するに、生まれ持った気質とかをガン無視して、世間が理想とする性格へ己をチェンジしよう!という考えである。

確かに、10代の頃は人見知りを拗らせたが故に、セピア色の青春に終始してしまった記憶があり、様々な努力をもってこの性格をぶっ壊そうとした時期があった。

しかし、どんな良書を読もうとも、どんな勇気を出して本音とは真逆なプラス言葉を吐こうとも、結局直ぐに素の性格に逆戻り。行動に移せば移すほど、自己否定感というか、自分で自分を「駄目だねぇ~」と評価し続ける気分になってしまった。

この考えが違うというのは、割と最近気付いた。20年近くかけて構築した性格は、もう根本から変えることなど不可能。できるとしても、仕事中とか、スイッチが入った時のみだろうし、それだけでもできれば十分だ。それに、思ったよりポジティブ全振りな性格だと、付き合っていてめんどくさい。

 

ということでもう僕は、この性格と上手いこと折り合いをつけて付き合っていくことに決めている。基本ネガティブとか人見知りとかの性格に自分を置いておき、必要に応じて別のキャラを使うなりして押し引きする。これが一番楽だし、なんだかんだで上手くいっている。

 

テンプレな恋愛とか。

 

10代では甘酸っぱい青春を甘受して、人並みに恋心とかいうのを学んで。

20代半ばからそれとなく今後を意識して、20代後半でゴールイン。

子どもは2人。閑静な住宅地に家を建てて、家族水入らず仲良く暮らす。

絵に描いたような、人生の流れである。

 

ハッキリ言うと、僕はこのプランで人生を運ぶことに、つゆほどの魅力も感じていない。

むしろ嫌である。何というか、そもそも論として僕はこういうのに向いていないから。

 

10代の頃は、あまりにも彼女はおろか女友達すら出来ない状況を苦に思い、如何にすればモテという謎属性を得られるのかと腐心していた時期もある。

しかし結局、モテるテンプレみたな男像は僕と対極の位置にあった為、結局は身の程知らずな努力だったと感じる。

あまり語りたくないが、人生では4回程そういうイベントで爆死したことがある。

すべて原因は僕自身の魅力のなさに起因するのではなかろうか。すごくやんわり「駄目ですよ」と言ってくれたあの人たちに浮かぶ想いは、正直「すいません」と「ありがとう」である。

 

さて。失恋的な回数はむしろ少ない部類ではあるものの、この経験を通じて僕が得たものは何だろうか?とふと考えた時に、僕はこの理想(意中の人を見つけてうんぬん)を捨てることを決めた。

それは何故かというと、「何も得られていないから」である。

「かけがえのない経験だよ!」という人も居るかもしれないが、俗的なことを言うと、お金とか時間とか計画を練る労力をかけて、ただ心に傷を負うことがかけがえのないことだと言えるのだろうか、と思ってしまった。

あとは、首尾よく言って付き合えたとして、その後のプランが浮かばなかったことも致命的だ。

僕は何くれと面倒を見られることが実は嫌いで、自分の裁量が及ばない領域が増えることを忌み嫌っている。勝手に部屋を掃除されるとか最悪である。

あとは、友人が楽しそうにデートの思い出なんかを口頭やSNSで語るのを見る度に、「貴重な休みのはずなのに優しいヤツだなぁ」とか裏側ばかり僕は考えてしまう。性根がどこまでも腐ってしまったようだ。

 

纏めれば、数多の資本をつぎ込まないとそういう相手や生活は得られない上、その暮らしが僕にとって全く魅力的ではないことに気付いてしまった点が決め手であった。

ただの僻みと言えばそれまでだが、この理想を捨てた途端から人生が開けた気は無茶苦茶している。

ちなみに、僕の遺伝子は当代で打ち止めになるにしても、僕の一族はきっと弟がなんとか繋いでくれると思うので、一家断絶については気にしないようにしている。

 

終わりに。

 

今回は賛同を得られそうにない、ただの闇を書いた記事になってしまったが・・・。

理想像を追いかけ続けることに疲れている人がいたら、是非ハードルを下げてみるか、そもそもとして見切りをつけるかしてみてほしいと思って認めてみた。

諦めるなよ!というメッセージがよく使われるのを見るが、諦める方がハッピーになったり後悔がなかったりするパターンもまた、意外と多いものである。

 

思考の整理学 (ちくま文庫) 思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古

筑摩書房
売り上げランキング : 999

Amazonで詳しく見る by AZlink