人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

したいことリストを作ってみた。すると割と楽しかった。

ToDoリスト以外は基本作らない僕だが、最近色々な本や記事に載っていたあるリストを作ってみた。

それが、「50のしたいことリスト」である。

夢というほど大義ではないが、したいとは常々思っている。

そんなレベルのことを50個リストアップするのだ。

 

「たったそんだけ?」とお思いかもしれないが、丁度いい塩梅の「したいこと」を50個挙げるのは、結構大変であった。

特に、油断すればすぐ「人見知りを卒業する」といった抽象的かつ非現実的なことを書いてしまうので、自制が難しかった記憶がある。

 

ただ、書き終わってから読み返すと、目に見えてしたいことが浮かんできて、実に楽しい。また、今日は暇だし今月はお金の余裕あるから、このしたいこと叶えられるくね?と、早速達成できた事柄もちらほら。

 

可視化は有用なツールである。こういうことにも活きるらしい。

 

ということで今日は、HowToにするほどでもないが、このリストについて述べていく。

  

僕がとりあえず書いたモノたち。

 

意識が高い系の目標から挙げていくと、

 

・TOEIC900取得

・出世

・ベンチプレス100kg

 

等を僕は書いた。

鼻で笑うのは勝手だが、結構ガチで達成したい目標ではある。

といいつつも、こういうのばっかり50個書いたわけではない。

 

・友人の結婚式に出席

・ド田舎のラブホテルに泊まる

・行きつけの飲食店を6つつくる

 

といった微笑ましくまた謎な事柄もたくさん書いた。

 

しかし、一番多かったのは以下のような事柄。

 

・ヒラマサを釣る

ルノー・カングーに乗る

・洋書を読む

・良いマットレスの導入

 

といった、休日と懐事情に大きく左右されるタイプのモノ。

どうしても浮かばない人は、したいことというより欲しいものを羅列するのも手である。

 

第二ステップ。

 

せっかくだから書いたことは出来る限り達成したい。

そこで僕は、”分割”できる目標はそうすることに決めた。

 

例えば、

 

・10の水族館を巡る

 

のであれば、中国・九州地方の水族館を5つ巡る、といった感じである。

(人生で考えれば、累計6つ回っているので、実は既に中間目標は達成済)

メインクエストでいうところのサブクエスト。

困難は分割せよと誰かが言っていた通り、こうやってチョコマカな区切りを付けた方が、何とかなる感が出て嬉しい。

 

何に書くか?

 

僕はエクセルのシートに書いて、パソコンのデスクトップに貼っている。

紙に書くことも考えたが、どう考えても挫折すると思ったのでやってない。

 

また、50項目を時折見直すと、別にどうでも良くなっているものも出てくるし、別のしたいことも多々出てくる。

 

そういう意味でも、紙よりデジタルの物の方が楽である。

ただ、人生レベルで叶えたい夢なんかは、半紙に筆で書くなりする方が、絶対に潜在意識に残るのでオススメである。

 

尚、僕は現在、一生レベルの夢については迷子状態である。(ぼんやりとしたものはあるけど)

 

終わりに。

 

ストレス発散とか、暇つぶしと考えても、したいことをつらつら書くのはオススメである。

ちなみに僕の場合は、途中で休憩を挟んで大体30分くらいで終わった。

書ける人は余裕で100個出てくるそうな。

 

注意点としては、どう考えても達成できそうにないものと、人から言われたり世間が必要とするからだったりという理由での”したいこと”は除外することに尽きる。

 

(例)

・1年後に貯金500万円

・超絶美女と結婚

・今の性格を破壊し、ネアカへと昇華する 等

 

理由は単純で、いつまでも消えない目標や、全く実現できない夢なんてのは、ただのテンションを下げる害だからである。

 

理想と現実の折り合いが付けられるようになったら大人。と誰かが言っていた。

僕もまだまだ底意地はおこちゃまなので、そこは意識しておこうと思う。

(かくいう僕も、踵落としを体得、みたいな訳の分からないこともリストに入れている)

 

この記事を書くにあたり、改めてリストを読み返してみた。

行きつけの飲食店だが、あと1つ開拓すれば6つになることに気づいた。

 

ということで明日僕は、小さな夢を叶えに行く。

不思議と元気が出てくるのも、このリストの効果だな。

あと50個、気が向いたら書いてみよう。