僕はネガティブだけど、それなりに充実した人生を生きたいと思う。

ネガティブすぎて人生を浪費した結果、見えるようになった世界を言葉にしたい。

”一歩踏み出せないアナタへ・・・。” 今更ですが、【最悪マネジメント】って結構オススメです。

やっぱり電話が嫌いで仕方がない中元です。単純にコミュ障だからってよりも、最近は乱暴に時間を奪われるから、そうです。

 

さて。いきなりだが、【最悪マネジメント】という言葉をご存知だろうか?いつ頃から使われ始めたかってのはちょっとわからないけど、昔からあるイメージだ。

toyokeizai.net

 

ただし、【最悪マネジメント】とだけそのまま打ち込むと、文字通り【最悪"な"マネジメント】という意味でサイトが引っかかるため、それだと言いたいことからズレる。

 

僕が言う【最悪マネジメント】は、【最悪”を想定して、それでも大丈夫だと”マネジメント”すること”】である。

 

そしてこれ、ネガティブを武器にするため、かつネガティブが行動を起こすため、非常に大事な考え方だと、今更だが思うワケでして。

 

今日はそんなお話をつらつらと書いてみる。

 

 

どん底を想像してみよう。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210616233920p:plain

今ならよくわかるのだが、恐怖ってヤツは、実は【知識・情報不足】から 引き起こされるのがほとんどだ。

 

例えば科学的な説明がほぼ与えられていない「幽霊」とか「死後の世界」が典型的な例であり、今のところ知りようが無いから、とりあえず恐怖を覚えるというワケ。

 

だから新しい物事に挑戦するときとか、何かに挑むときなんかは、その正体をとっととつかむことが大切になる。本を読んでもいいし、話を聞いてもいい。

 

しかし、だ。これもこれで、結構難しい。何故かというと、結局その物事についての輪郭がふわふわしたままだと、情報を得ることもクソもないからである。

 

「なんかでかいことをやりたい!」からといってGoogleに「でかいこと」と打ち込んでも、なんの解決にならないのと同じである。

 

そこでオススメなのが、自分が取り組みたい、乗り出したい何かについて、【最悪のケース】を想定し、そこについてリサーチを掛けることである。

 

例えば、【恋愛】を例に考えてみよう。ある女性に好意を持っているが、一体何から始めればいいのか、踏ん切りがつかない。

 

では、恋愛における最悪のケースは何か?当の本人に嫌われることだろうか。いや、それはお互い他人に戻るだけなので、意外とダメージは少ない。

 

今回の場合、例えば【美人局】とかがその一つではなかろうか。手を出した結果、別の男や組織による罠で、身ぐるみはがされて終了みたいな。

 

ーもしこういうのが起きた場合、どうすればいいのか?実は、警察に駆け込めば、普通に刑事事件として取り扱ってくれるのだという。

toyokeizai.net


つまり、【最悪のケース】に対しても、チョイと調べれば「何とかなる」という担保を得ることができるワケで。

 

となれば、それよりマシなことに改善策が見つからないわけないじゃん。すなわち、かんなり心が落ち着くのを感じるはずだ。

 

これは何にでも応用が効く。

 

プロジェクトを任されたら、失敗してクビになることまで想像してみればいい。スタメンに選ばれたら、ミスが原因で大敗することを考えたらいい。

 

その上で、「そんときは、どうやってリカバリーしようかな~」と考えると、意外と第一歩は踏み出せる

 

「クビになったら失業保険貰いながら、実家にしばらく暮らそうかな」「とりあえずミーティングの場で真っ先に土下座だな」という風に。

 

そして、「最悪のケースでも大丈夫っぽいな。じゃ、冷静に手を考えていこうかな」思考をしれっと変えてやればいい

 

あるゲームのセリフだが、どん底まで落ちれば、あとは上しか行く道がないのである。これはどれだけネガティブだろうが変わらない、事実だと思う。

 

「大体のことは何とかなるんやなぁ」というのをストックしよう。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210616235240p:plain

とはいえ、【最悪】を想像するためには、これまた情報の仕込みが必要だ。モデルケースの1つも無いのに、想像することとかマジ無理だ。

 

試しに、宇宙最古の星と言われる通称「メトシェラ」に降り立ったら、どんな暮らしが待っているか想像してみてほしい。情報が無さ過ぎて、できないはずだ。

 

しかしメトシェラとは違って、【どん底と言われる状況】は、長い人類の歴史において、何人もの人間が経験してきたり、それを表現したりしているものだ。

 

つまり、先人の話がまとまった本を読んだり、話を聞いたりするのが一番手っ取り早く確実というワケだ。

 

例えば、僕は以下の本を読んだ結果、「あぁ、今の俺の方が幾分ましだな」という謎の安心と、地獄という世界の本当のヤバさを知ることができた。読み易くてオススメ。

 

それに、イメージできるようになるのが狙いなので、そもそもフィクションであっても構わない。例えば以下の2作品は、色々と【どん底】がわかる。(ただし閲覧注意)

 

 こういう媒体や、「しくじり先生」などからホンマモンの【地獄】や【どん底】を知っておくことは、不思議なもので結構心の支えになる

 

僕も人生で4か月ほど休職したり、電気のひもで首つりのわっかを作ったりしたが、それすらまだまだ赤子なんだと思わされる。

 

その是非はさておき、何もポジティブな自信だけが自分を作るわけじゃないのである。

 

終わりに。

 

ってことで、何かを踏み出す勇気として「前向きな言葉」をやたらと求める人がいるけれど、実はそれって解決策になっていないことが多いよねと。

 

心頭滅却すれば火もまた涼し」って言葉より、防火服の方が大切なのだ。その冷静さを取り戻すためには、一番ヤバイシチュエーションを考えるに限る。

 

かくいう僕も、今は勤めている会社で、色んなプロジェクトをぶん回している最中だ。

 

もちろん、しくじってご家庭から烈火のごとくクレームが来たら、いいお菓子をもって家庭訪問しようとまで決めている。だから逆に、少し強気な策を打てている。

 

ネガティブの底からでも壁は突破できるのだ。この言葉、おすすめです。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村