人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

人見知りを隠す術について考察したい。 中身編

前回はあくまでも見た目の話であった。

 

hitomishiriteki-jinseikun.hatenablog.com

しかし、ここで隠せることはたかが知れており、状況によっては一瞬で化けの皮が剥がされることもしばしば。

そういうオプションを全て取り去ると、残るのは人見知り気質の己のみ。

となれば、素の自分全開だと、あ、コイツはそういう奴なんだなぁ~と刹那に値踏みされるのは、皆様の周知の通りである。

 

では、心構えをしては何を用意しておけばいいのか。

どう振る舞えば人見知りっぽく見えないのか。

そんな都合のいい手段はそもそもあるのだろうか。

 

今日はその辺を、熱い精神論をなるべく絡めずに、僕の体験を踏まえつつ考察していきたい。

狡猾というなかれ。僕たちは必死なのだ。

  

断定口調を使う。

 

「これは3日掛かると思います。終わり次第連絡しようと思います。」

「これは3日掛かります。終わり次第連絡します。」

 

どちらも言わんとすることは同じなのだが、人見知りと思われるとしたら圧倒的に前者である。

何故そう取られるかというと、どことなく醸し出される自信の無さが、人見知り気質にリンクしてしまうのだろうと思っている。

 

前者は結局、

「いや、1日で出来るやろ。」とかとネジ返されることが多い。

或は、「君ならできるって」とかなんとかで、結局は期限を早められることもしばしば。

ああ畜生と思いながら、睡魔に向かい愚痴を吐きつつ、タイトな仕事に取り組む。

想像するのも何か嫌な光景である。

 

しかし、言葉尻を少し変えるだけで印象は全然違う。

別に演技めいた文言など必要なく、「思う」とか「かもしれない」とかを使わなければ良いだけである。

これは実は人間の気質で、弱気なところは攻め込まれるというこの世の道理の一種である。

そこをピシャリとするだけで、受け取られ方は様変わりする。

 

繰り返すが、言わんとすることは同じ。

しかし前者は「自信がない→人見知り」に結び付きがちなのに対し、後者は「口数は少ないけど何か、やるやん」という評価に結び付きがちという不思議な結果になることが本当に多い。

実は僕もちょっと前から実践してて、確かに逆ネジで期限を切られることは今のところなくなった。超美味しい話である。

 

ビジネスのアレめいた話になったが、人見知りを隠したいのであれば、意識して断定口調を使うことは極めて有用である。

 

とりあえず笑っておく。

 

人見知りを拗らせると、俺には表情筋なんて無いのかなと思うことがあった。

つまり、真顔ないし微笑以外の表情を作らなくなってしまうのだ。

 

だから最近は、酒席とか、誰かがマジで面白い話をしたときとかは、ためらうことなく笑うようにしている。

人見知りは隅っこで奥ゆかしく・・とは逆の行動なので、「あれ?人見知りとは違うんじゃ?」と受け取られることが多い。

これは技術ではなく、笑うのを隠さなければいい話なだけなので、実行するかしないかの問題である。

 

ただ、笑顔の作り方を忘れるレベルで重篤な場合とか、精神的にアウチな場合に無理をしろとは言わないが、カモフラージュの術として有効なものだとは書いておく。

 

ポップな感じで「人見知りなんすよ~」って言ってしまう。

 

逆説的な話だが、初対面でいきなりブチかますのもアリである。

こうやって言ってくるタイプは、得てして人見知りとは絶対に思えない人種が多い。

またまたご謙遜をとか捻くれたことを僕は思っていたものだが、これは良い技なのではと感じる。

 

ただのカミングアウトだから、ほんの少しの勇気と、真顔で言わない微量の朗らかさがあれば良い話なので、僕はアルコールが入る場などでは、実のところ、結構使っちゃっている。

 

最終手段。徹底的に硬派になる。

 

しかし、気質を極めて、別の印象に変えるという方法もある。

 

無駄口は叩かず、表情はまさに鉄面皮。一たび口を開けば、言葉少なに意図を述べるだけ。プライベートも謎。愛読書は文豪と言われる人が書いた小説とか。

ここまで行くと、人見知りというよりは、超硬派な人という別物にカテゴライズされる。

 

実践できる人は限られていると思うが、突き抜ければ別の評価になるという面も、オマケとして一応載せることとする。

 

おわりに。

 

最終的には気質に向かい合うしかないのだが、嫌で仕方がない場合は根本をぶっ壊す前に、隠し方を知る方が良い。これは僕の実体験から来た感想だ。

そうやって時間を稼いでる間に色々学ぶ方が、健全で安全ではなかろうか。

 

僕自身は最近開けっ広げに人見知りであることを公言している為、何も気にすることは無いのだが、甘えてもダメだなという矛盾もあるわけで。

 

これからのことは、また考えていく所存である。

 

仮面社畜のススメ (一般書) 仮面社畜のススメ (一般書)
小玉 歩

徳間書店
売り上げランキング : 100013

Amazonで詳しく見る by AZlink