僕はネガティブだけど、それなりに充実した人生を生きたいと思う。

ネガティブを飼い馴らして、ポジティブに生きたい。

『幸せ』の閾値を下げてみると、逆に『幸せ』になれそうだと思えてきた。

 

世の中には色々な成功モデルがありふれている。

卒業大学の格付け然り、年収の多少も然り。

ルックス。スタイル。肉体的な強さ。知性の良し悪し。

なんだか、書いていてとても疲れる用語たちである。

 

どうにも、世間は上記の成功モデルに入れなければ、その人に『敗者』みたいな烙印を押したがるように感じる。

そういう意味では、僕は全身に『敗者』という判を押されるに違いない。

「最低でも関関同立やMARCH!」

「年収は妥協しても600万円以上!」「身長は175㎝以上ないと願い下げ!」

「酒やたばこは論外だ!」

・・・何一つ満たしていない。

では、僕はこういったモデルを目指し、日々の生活に汲々としているのだろうか。

 

ハッキリとノーである。

理由は、めんどくさすぎて諦めたから。

気にしなければ、ストレスにならない。

自分の中の『幸せ』の閾値を下げることは、かえって『幸せ』の度合いを高める。

今日はそういうお話である。

 

 

  

「~れば幸せ」・・とはいかない。

 

 

世間一般でのメジャー過ぎる成功モデルの問題点は、あたかも「そうなれれば幸せで、そうなれなければ不幸一直線」と感じられる点が大きい。

僕も過去にそう思うことはあった。努力をしたこともある。実際、達成できた目録もある。

しかし、達成してまず思ったことは、「まだまだ上がいるじゃないか」という考えだった。

 

仮に東大に受かろうとも、東大内でまた学力の格付けがあったりする。

年収が600万円を超えようとも、1000万円稼ぐ人から見れば格下の印象を持ってしまうのでは?

身長が175㎝を超えたとしても、多分他のコンプレックスを気にしだすのが関の山だ。体重。毛髪。筋肉量。などなど?

 

どうだろうか?

結局、『幸せ』にはなれていないように感じられる。

条件付きの幸福というのは、結局達成してみれば不満にしか目が行かない。

 

正直、僕が自己投資を繰り返して学んだことは、これくらいのものであった。

勿論、向上心の一環として上を目指し続けるのは大いに結構だと思う。

しかし、「~れば”きっと俺は”幸せになれる!今の状況はクソだけど!」という他力本願な何かがあるのならば、正直危険であると思わざるを得ない。

 

閾値を下げて変わったこと。

 

 

とりあえず、毎日不満なく生きられている。

不満が浮かぼうとも、即座に諦められるか、速攻対応できるくらい小規模なそれに落ち着く。

 

年収うんぬんとかを言いだしたら、意識高い人たちに僕は鼻で笑われるだろう。

だから何だ?

僕は一人で暮らす分には全く苦労していない。たまに贅沢をしても平気だ。

そもそも帰れる家があるだけでめっけもんである。なんならこのご時世、定職につけただけでもありがたい。

 

身長は170㎝くらい。昔は180㎝とか欲しかったけれど、今はクソどうでもいい。

身長ごときで自分を否定するような考えは無益だ。どうでもいいと思えば、どうでもいい。

一仕事終えた後の酒は美味い。コーヒーを片手に味わうタバコもまた然り。

人の評価を病的に気にしていると味わえない時間である。

そして、僕は全くもってモテていた経験がない。

でも、それが普通だと思っている。僕で妥協する人はどこかがオカしい。

この辺は、ドロップアウトの代償としてはむしろ、「そんなんでいいんすか?」というくらい軽い

 

さて。

自分からそういう他者評価のステージを降りてからというもの、とにかく生きやすくなった。

得てして、上記の要素は圧倒的に運の要素が強すぎる。

手に入ればめっけもんであり、手に入らないのが普通なのである。

手に入るのが普通で、手に入らないのが不幸・・とかいう方がおかしい。

理想の自分なんて、色んなゲームのキャラメイキングででも作っておけば良い。

 

ただ、そうはいっても、敢えてドロップアウトするというのは結構難しい―そう思われそうである。

ただ、これにも手段がある。

以下はそれらの纏めである。

 

最悪の想像と、実態の把握が一助となる。

 

 

まず、僕たちの得意技、「最悪の想像」から始めてみよう。

学歴なら、「ぼろぼろの成績で中卒」とか、年収なら「バイトで食いつないで150万ちょい」とか。

恋愛なら、「さんざん貢がされて、最後は本命の彼氏にボコられて終了」とか。

 

では、現状はどうだろうか。

遥かにマシというのが大半だと僕は思うのだが。

それでもまだまだ閾値が下がらないのであれば、一度発展途上国の中でも貧しい国々のドキュメンタリーを観てみるといい。

そうこういっていられない実情を知ると、さすがに価値観は揺らぐ。

 

つまるところ、いっぺん最悪を考えて、現実がそれよりマシであるのだとすれば、もうOK!という判断をさっさと自分に出すのが一番優しい。

その中でも、もう少し頑張りたいという何かが浮かぶのなら、そこにこそ、どうでもいいやつらから浮いた資本(時間・労力・カネ)を集中して投資すればよい。

超天才児(それこそ全国模試でトップ5とか)くらいに生まれないと、「あれもこれも」は不可能な話だ。

「あれを捨ててこれを取る」という考え方のが、結局トータル、何かを生み出せる。

 

では、切り捨てるか、粘るかの判断として有益な材料を次に述べる。

それはハッキリと、「数字」である。

 

僕は高校数学でやるような数学は、実感として人生に活かしている感が薄いため嫌いであるが、数学そのものがポンコツかと言われれば、そうではないと感じている。

理由は、結構数字を使って、割とそれを頼って、色々判断することが多いからである。

 

例を考えよう。

身長やルックスは、生まれてくる子供目線に立つと、親を選べない時点でこちらの扱える範疇を超えている。

つまり、考えるだけ無駄な要素となる。

病的に自分が嫌いなら、イリザロフ法とか、整形をすればいいのでは?

僕としてはどちらも全然興味ないけれど。

 

年収についても、こういうサイトの数値をジっと見ていると、色々と諦めがつく。

www.nenshuu.net

 

年収400万を超えても、累進課税で持ってかれる額を考えたら・・とか、

年収1000万を超えても、結局税金でしょっぴかれると・・とか、

額面にはない状況まで含めると、果たして必死こいて目指す場所なのかなと思えてしまう。

勿論、自分に適性がある仕事がたまたまそういう額面だった、とかなら別にどうでもいいのだけれども。

 

恋愛や結婚も、実際のソレを考えると僕はしり込みする。

昨今、コスパ最悪」とか、「割に合わない」と考えている男性が増えているとか

気持ちが分かってしまう。

とりあえず僕は、傍にオンナがいないと無性に落ち着かないといった好色タイプには生まれなかったので、独り身でも平気である。有り難い。

そういうスタンスなので、彼女だとか嫁だとかいう存在が、僕の中ではかなり優先順位が低目となる。

そういった項目に時間とか労力とか色々と投資して、関係の維持にビクつき、何らかのトラブルといったリスクを負うとか、そこまでするリターンがとりあえず浮かばない。

かけがえのない時間とか、やすらぎとやらも抽象的すぎる。

 

こう思う人が増えているからかは知らないが、男性の生涯独身率は23%、女性のそれは14%くらいにまで高まっているという。(ちなみにこのズレの理由には、再婚とかそういうカラクリがある)

5人に1人の割合なら、少数派だからと恥じる数値では決してない。

 

とりあえず僕はここまで色々と調べて、自分の気質と絡めて、割に合わないことはバシバシ切るようにした結果、かなり身軽に人生をエンジョイできている

どうしても寂しくなったら、その時はカワウソを飼おうとか考えている。ぬかりはない。

 

最悪を考えて、それよりマシならもう十分。

数字という判断材料も加味して検討。

 

とりあえずこれらが、『幸せ』の閾値を下げるための、諦めを作るためのツールである。

 

終わりに。

 

 

「幸せとは、なるものではなく気付くこと」

みたいなフレーズがある。青臭いセリフとか笑う前に考えてほしいのだが、実に的を射ている。

実際、今が不幸だと心底思っている人は、仮に東大に受かろうが、イケメン実業家と結婚しようが、心のどこかで結局不満を感じる。

逆に、現状が幸せなら、何をしようとも幸せだ。こういう人間は、強い。

 

今日延々と書き散らしたことも、実はテーマとして上の要素を含んでいる。

 

世間が求める『勝ち組』を目指すため、何もかも楽しめていないのであれば、ちょっと立ち止まって考えてみるのも手。

 

このメッセージをもってシメとする。

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書) 恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)
牛窪 恵

ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング : 111478

Amazonで詳しく見る by AZlink