読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人見知り的 もののあはれなる人生訓

人見知りの人見知りによる人見知りの為のなんちゃら。

人見知りとコミュ障。

人見知り的人生訓 ネガティブ論

コミュ障という言葉がある。

コミュニケーション障害の略だというが、すごく簡単に言えば、意思疎通を図るのが滅茶苦茶苦手な人のことを指すのだと思う。この定義で言えば、僕は余裕でコミュ障だし、自覚もバッチリである。

得てしてオタクのステレオタイプ(悪意のある例えだけど、いわゆる身なりに一切気を使わない、挙動不審、自分の専門のことだけ饒舌であとは無口とか)をもってコミュ障の典型例とすることが多く、問題提起というかただの軽蔑(或はネタや謙遜や自虐)としてこの言葉を自分や他人に使う人が大半だと思う。これは個人的な印象なので、本当のところはどうか知らないけど。

 

ここでふと思うのが、「人見知り=コミュ障」なのか?という点である。

もしそうだとしたら、人見知りってだけで何か救いがない感じがしてすごく嫌である。

 

ということで、どこかに救いはないんですかということで、ちょっと考えてみた。

  

コミュ障の定義とは

 

以下のサイトを参照すると、コミュ障の定義について述べられていた。

comyusyo.nerim.info

 

 

会話が困難

・他者の心を読むことが難しい

・人が口に出して言葉で言わなければ、意図していることが何かを理解できない

・ほとんど人と目を合わせることができない

・目が合うとドギマギしてしまう

・じっと人の目を見つめて続けてしまう

・会話しようとしても口からうまく言葉が発声できない

・相手の話している言葉を、意味のある音声として理解できない

・話の文脈を読み取り理解することが困難

・ある話題を話しているのに、話題がそれてしまい、全く別のことについて話し始めてしまうなど、話題を維持していることが困難

・自分の関心のある分野について、一人で長々と話し続けることがある

 

 

などなど。僕は2つ3つバッチリ該当しているので、筋金入りのコミュ障なのだろう。当人としては、日常生活に不便だけど、実害らしい実害はそんなにないのであまり気にしていないけど。

 

この定義を良く見ていくと、改めて「人見知り=コミュ障」とはならなくね?と思った。

元々これが前提で定義を読んでるフシがあるので、思うのは当たり前だけど。

ということで、僕が今まで出会ってきた人たちの中から、反証になり得る人たちを紹介する。

 

人見知りだけどコミュ障じゃない人たち。

 

心当たりは山程ある。

例えば、心許した人(おこがましいけど僕とか)の前ではすごく大人しいのに、舞台が変われば全校生徒の前でスピーチを堂々とできるヤツとか。

決して底抜けに明るいわけではないのに、教頭クラスの先生からヤンキー、女子、子どもまで、誰に対しても一切ペースを崩さず、きちんと受け答えしてるヤツとか。

引っ込み思案かと思いきや、話題を提供し、話を振り、場を盛り上げる達人なヤツとか。

僕から見れば「お前ら人見知りじゃねぇだろ」と言いたくなるような彼らだったが、口を揃えて「俺人見知りなんだよね。人とずっと話すのは正直しんどいわ」と言うのであった。

ここまでできれば、コミュ障ではないハズだ。彼らがコミュ障ならば、コミュ障じゃない人は全人口の0.数%しか居ないのではと思う。もっとも彼らは、乗せられて舞い上がらない為の自戒として、己を人見知りと称していたのかもしれないけど。

もしそうなら、それはそれでなんか勝てる気がしない。

 

人見知りじゃないけどコミュ障な人たち。

 

これまた山程出会ってきた。ちょっと悪意のある表現になるけど、具体例を挙げないとイマイチ伝わらないのでご容赦頂きたい。尚、プライバシーには配慮しているつもりである。

例えば、全員が不快な顔を思い切りしてる空間で、ギターの弾き語りを延々とするヤツとか。

盛り上がってる会話の輪に潜り込んで、よくわからないことを言って白けさせ、場をぶち壊して去っていくヤツとか。

何言ってもヤバイやウケるでしか返答しないヤツとか。

これまたキリがない。彼らの共通点は、全員底抜けに明るいという点だった。

意思疎通ができない、周りの状況が見えていないという点では、コミュ障の定義にバッチリ抵触してると言える。彼らは自分が人見知りなんて夢にも思った事はないだろうな。尊敬はしないけど、僕にとっては他人の顔色が全く気にならないなんて、ある意味羨ましい生き方ではある。ちなみにこれを博識な友達に言ってみたところ、「その分周りの人は損してるから、得な生き方かどうかは微妙だよね」と返された。確かにと思った。

 

僕なりの結論。

 

こういう例を見てきたので、僕はどうしても、「人見知りであれば即ちコミュ障」とはならないと思う。

「人見知りであればコミュ障の可能性高いけど、絶対じゃないよね」とか、「人見知りじゃない人はコミュ障の可能性低いけど、これも絶対じゃないよね」程度なのではなかろうか。

ということで、「俺人見知りってことは、つまりコミュ障だわ。この意思疎通能力が重視された社会では、俺は落伍者なんだ・・。」なんて思うのは早計である。だからそこのアナタ。元気を出して。

 

尚、僕は自他ともに認める「人見知りのコミュ障」である。

救いがないポジションのヤツである。

こんな僕でも曲りなりにここまで生きてこれたし、やりようはあるのだろう。

 

なんか変な〆であるが、とりあえず僕は前を向いて歩くことにする。

そろそろ何か、人見知りがぶち当たる困難の対応策みたいなのを書かないとなぁ・・。

伝える力 (PHPビジネス新書) 伝える力 (PHPビジネス新書)
池上 彰

PHP研究所
売り上げランキング : 882

Amazonで詳しく見る by AZlink