僕はネガティブだけど、それなりに充実した人生を生きたいと思う。

ネガティブすぎて人生を浪費した結果、見えるようになった世界を言葉にしたい。

4ヶ月で8㎏マッチョ化した僕が、努力が報われた感想と、報われるコツを書くよ!

以前ダイエット企画をやったときに書いたけど、僕はネガティブのクセに筋トレが趣味で、家の一角が軽いジムになっている。

hitomishiriteki-jinseikun.hatenablog.com

 

そんだけ長いことやっていながら、『おぉ、成果出たなぁ!』と心の底から思ったのは、実は最近の話なのである。

 

2019年現在、僕の体重は64㎏であった。そん時の写真がコチラ(恥)

f:id:pochihiko_inunosuke:20210108205532p:plain

ー何というか、細いんだよなぁ。トレーニングしているなんて、誰もが思わないくらいに。

 

この頃は聞きかじりのワークアウトを重ねてはいたけれど、栄養とかの知識がからきしで、特に『増量』というもののやり方が全くわかってなかった。

 

そして2020年。3ヶ月かけて増量し、1ヶ月かけて減量に取り組んだ結果、我ながら見た目が大きく変化して驚いている

 

それを踏まえて思うことを、以下続きに書いておく。

 

 

『努力』が報われた感想。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210107154209p:plain

 

変化前が左、そして変化後が右だ。伝わりにくいが、大胸筋らへんが大きくなっている。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210108205532p:plainf:id:pochihiko_inunosuke:20210108205705p:plain

ちなみに体重はこの2枚で8㎏違う。(64㎏と72㎏)しかも右の写真は、ダイエット終了後である。

今現在はここからもう一発増量を重ね、少し落とし、74㎏くらいで安定し推移させている。2021年に30歳になるので、その時点でバキバキにするのが目標である。

 

さて。僕の筋トレの成果はこの辺にしよう。そろそろネガティブ目線の話に入る。

 

『自分を変えよう』というフレーズには、考えるまでもなく2つの意味がある。『内面』と『外見』だ。

 

そして僕自身ハッキリ思うのだが、『外見』の変化を目標に努力する方が成果が見えるし、結果同時に『内面』も変わるからお得である。

 

実際、8㎏も変わると、久しぶりに会う人たちからほぼ例外なく驚かれた。

 

『ゴツくなりすぎやろッッ!!』

 

春日みたいって何人にも言われた。それくらい、自分の気付く変化より、他人から見た変化はデカいようだ。

 

すると不思議なことに、『結果』が出れば『自己肯定感』が生まれ、同時に『正しい努力』の意味もよ~く分かるようになる

 

言い換えれば、非常に良い人生のループに乗れるのだ。実際僕は今現在、高校生の頃の自分とは違い、自分をそれなりに肯定している。

 

報われた努力は気持ちいい。なんか当たり前のことを、アラサーになって学んだ僕であった。

 

報われる『努力』のコツとは?

f:id:pochihiko_inunosuke:20210107164834p:plain

 

①成果を見えるようにする。

 

手前味噌だが、以前ダイエットに挑んだときにやったことは、毎日体重を計り記録することである。

hitomishiriteki-jinseikun.hatenablog.com

 

すると、結果が出ているかいないか、毎日わかるのだ。出ていれば喜び、出ていなければこれから出るだろうとスルーする。

 

『進んでるの?遠ざかってるの?』という疑念を抱えたまま努力を続けるのは難しい。まずは意識として、『なるべく可視化する』のを心掛けた方が良い。

 

②作戦を立ててから検証する

 

まず、がむしゃらに努力をするのではなく、『しばらくはこの手で行こう』と決めてから取り掛かるようにしよう。今思えば当たり前だが、僕もこれ、できてなかったっす。

 

ダイエットの話を何度も紹介するが、主軸は『食事制限』に置き、何を食べるかも決めて、31日間それを続けた。シンプルに言えば、それしかしてないのである。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210108211321p:plain


もちろん成果が出なければ、別のカードを切っていた。だが僕は、これでスルスル落ちたので、そのまま継続したという次第。

 

努力をするにしても、方法が自分に合っているのか、間違っているのか?あの方法は効果が出たのか、そうじゃないのか?

 

それを知見としてストックし続けるには、作戦をキッチリ詰めてから挑むしかない。行き当たりばったりで伸びるほど、努力って甘くなかったです、ハイ。

 

③2つ以上取り組む。

 

自分を変えるため、自己啓発書を読みふける人も多い。もちろんそれでも変化は出来るが、『見える成果』に乏しいのが難点だ。

 

そこで提案。一度に習慣を2つ以上始めれば大体へし折れるが、自分を変えるためには『外見』と『内面』、同時に両方挑んでみることをオススメする。

 

例えるなら、筋トレと資格試験の勉強を同時に習慣に取り入れる感じだ。大抵、どちらかで成果が出て、継続がスムーズになる

 

僕もダイエットに挑みながら、同時に新しく買った本を読み進めるなんてこともしていた。体重が減らずとも、知識が増えた!と自分を肯定する材料として使うためだ。

 

結局のところ、コツをまとめれば、上手くモチベーションを保てるよう『小出しで結果を出し続ける』のがベストだよ、という話になるっぽい。

 

終わりに。

 

ということで久しぶりに自分事全開な記事を書いてみた。もちろんゴリマッチョ勢から見れば鼻で笑われる体躯だが、他者評価はどうでもいいので、どうでもいい。

 

僕は当事者比で成長したし、今のところ当事者比で人生最強状態なのだ。それでいいし、それで十分だ。

 

皆様も自信構築の一助になればありがたし。では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村